クラウドワークスのライティングで文字単価1円を抜け出して4円の案件をつかんだ方法

クラウドワークス

ライティングの仕事で文字単価1円の仕事がとれるようになったら、文字単価2円、3円と単価アップさせていきたいですよね!

私は在宅ワークを始めて3ヶ月目に文字単価1.2円、1.6円、3円、4円の仕事をとれるようになりました。そのときに行ったことをまとめておきます。

高単価案件はクラウドソーシング外で直接営業するのが良いという人もいますが、私はすべてクラウドワークス内で案件をゲットしています。

 

 

あわせて読みたい↓クラウドワークス今から始めようという方は↓

 

↓月1万円稼いでいて5万円目指したいという方は↓

スポンサーリンク

まずは単価1円の仕事を安定化させる

あくまでも私の印象ですが、

〜文字単価1円の壁〜

  • 文字単価1円未満→初心者歓迎・主婦歓迎
  • 文字単価1円→案件数が多い
  • 文字単価1円〜→経験者優遇・専門的知識が必要なもの

といったように「文字単価1円」はひとつの大きな壁になっていると思います。

実際に1円の案件はジャンルを問わずたくさんあり、調べれば誰でも書けるものがほとんどです。

1円のお仕事にどんどん応募してどんどん書くことで、ライティングのコツがつかめ、執筆スピードや質はぐんと上がったと思います。

 

1円の仕事が安定してとれるようになると、

  • 経験が積める
  • クライアントからの評価がたまる
  • 次の募集で執筆経験がアピールできる

ので自信を持って次のステップへ進めるようになりました。

 

大きな売りがないなら小さな売りの複合技で勝負する

例えば、

  • FP、宅建士、薬剤師といった明らかに重宝される資格がある
  • 書籍の編集経験や執筆経験がある

といった場合、いきなり1円超えも狙えます。

 

しかし私は「ライター経験なし、特に資格もなし」というクチ。

前職は医療系の営業職でしたが、2年もたたずに妊娠で退職したので「胸を張って医療系の仕事経験があるとも言えないなぁ」と思っていました。

 

でも、思い切って医療系の仕事に応募してみたら受かったんです。これが、文字単価3円と4円の仕事。

 

応募資格は「ライター歴5年以上or看護士や薬剤師など」だったので、私はどちらの条件もクリアしていませんが、「ライターの過去執筆歴+前職のアピール」で合格しました。

おそらくライティング未経験で応募しても合格しなかったでしょう。

 

自分にこれといった大きな売り(強い資格や長年のライター経験)がないなら、小さい売りの複合技で勝負するしかない!

特定ジャンルをステップアップさせる

クラウドワークスで多い「保険」や「育児」のライティング案件。

割と調べれば誰にでも書ける、初心者にもハードルの低い案件です。

ですが初心者向けだけでなく、探せば中には高単価案件も多く転がっているジャンルでもあります。

 

そこで、

  1. 「初心者歓迎」のこれらの単価0.5円〜1.0円あたりの案件で修行を積み
  2. 同じジャンル内で徐々に高い仕事に応募する

というようにステップアップします。

 

私は保険の仕事で「0.4円→1.0円→1.2円」と単価アップさせています。

1.0円の仕事が継続で安定してきたら、0.4円の仕事に単価アップ交渉をして単価が上がれば嬉しいし、ダメなら1.0円の仕事に時間を割きます。

高単価案件が安定し次第、負担になっている仕事は順次整理していかないと、時間がいくらあっても足りません。

 

単価1円を超えると収入が大幅アップする!

私が月10万円を達成したのは、クラウドワークスを始めて3ヶ月目のことです。

2ヶ月目に比べて大きく収入はアップしましたが、仕事時間はむしろ減っています。

単価が大きくアップしたおかげです。

 

1円未満のときは時間との戦いであまり記事の品質にもこだわれませんでしたが、1円以上になるとひとつひとつのお仕事に時間も十分使えるので、納得のいく記事が書けます!

クライアント様にも満足していただけるので、好循環です。

 

 

これからもお仕事の内容と時間、単価のバランスをよく考えて、自分も納得できてクライアント様にも満足してもらえるようにがんばっていきたいと思います。

 

 

クラウドワークス
スポンサーリンク
Twitterでも仕事や育児のことなど毎日つぶやいています(@hina2018)
育てるくらし|育児と家事と在宅ワーク

コメント