「専門ライター」になったら収入が激増したけど、「専門ライター」にこだわったらダメ

ライターとして稼ぐ方法

こんにちは、フリーランスのライターのhinaです。

よくライター界隈で話題になるのが、「ライターとして専門分野をもつべきか?」という話。

結論から言うと、私は最初は「専門分野にこだわったら仕事ないやん」とオールジャンル書いてるうちに、いつの間にか「住宅専門ライター」化していました。

専門ライター化した方が稼げますが、「専門ライター」にこだわるのはナンセンスだと思っています。

スポンサーリンク

専門ライターになるメリット

  1. 早く書ける
  2. 受注率アップ
  3. 自信につながる

一番大きいのは、執筆時間が大幅に短縮できること。

私の場合、「住宅の温熱リフォームについて」なら、3,000字を約2時間で書けます。類似テーマの記事を何度も書いたことがあり、基本知識が頭に入っているからです。(もちろん記事内容は異なるようにしています。)

これが例えば「野球の最新ニュースについて」なら、3,000字書くのに丸1日かかると思います。スポーツにはまったく疎く、「野球のルール」から調べないといけないからです。

そして、よく「専門ライターになると指名が増える」なんて言いますが、スカウトが増えたかっていうと正直微妙。

でも、新しい案件に応募したときの合格率は確実に上がっています。

なぜなら、例えばリフォーム会社さんの案件に応募するときに、「過去実績としてこんなリフォームの記事書いたことありますよ(URLペタッ)」みたいなことができるから。

けっこうクライアント様から「過去執筆記事見て、うちのメディアに合うと思いました!」と言って採用してもらえます。

「何の専門ライターになれば良いか分からない」

それなら、とりあえずオールジャンルライターで良い。

色んなジャンルで書けそうなもの書いているうちに、ジャンルは絞られてきます。

「私は○○ジャンルの専門ライターになるゾ!」と決めて専門ライターになった方って稀なんじゃないかな。(もちろん資格があるとか、これだってジャンルがあるならそれで良い)

<私が今までに書いたジャンル>

育児、経理、医療、本、キャンプ、ビジネス、住宅、投資、美容、習い事、家事外注、保険、ファッション、エンタメetc…

ビックリするほど脈絡がない!

しかも、どれも特別詳しいわけではない!

でも、

「簿記3級とったから、経理について書ける」

「子供育ててるから、育児系の記事は書ける」

「小説読むのが好きだから、読書について書ける」

どれも今までの人生で何かしら接してきたことです。

仕事がない日には、クラウドワークスランサーズのライティング案件を全件チェック

新着準に並べてひとつひとつ見ていって、書けそうなものは全部応募してきました。

(ただし、「文字単価1円以上」というラインは決めて。今は「文字単価2円以上」がライン。)

専門分野の作り方?

今でも暇なときには、案件の全件チェックをすることもあります。

ただ「住宅ライターです」と名言しているわけではないけど、仕事の9割が住宅系なので、たぶん「住宅ライター」なんだと思います。

そもそもなぜ住宅系かと言うと、大学が建築学科だったから。

というと「最初から専門知識があったんじゃん!」と思われるかもしれません。

でも実は、建築学科では落ちこぼれ。建築系の仕事も未経験。「建築コンプレックス」は相当なものでした。

建築学科には「建築ラブ!寝ても覚めても建築!徹夜バッチコイ!」みたいな人ばかり。

風呂にも入らず、研究室にこもって図面ひいてるような人が、ごろごろいるわけです。

私にはそんな情熱はなく「普通に使いやすい四角い建物が良いわぁ。あと、徹夜ムリ。」って感じ。結局、「建築ムリー!」と、医療系の就職をしました。

ライターの世界に飛び込んでからも、最初は「専門化するなら医療ライターかなぁ」と思っていました。しかし、医療系の案件は数も少なく、無資格だとなかなか…

書けるものをかたっぱしから書いて、単価の低い仕事、効率の悪い仕事をそぎ落としていくうちに、住宅系の仕事のみが残りました。

「建築の仕事は絶対するもんか」という建築アレルギー状態でしたが、今は楽しく住宅系の記事を書かせてもらっています。なんなら「もしかして私って建築好きだったんじゃ?」というくらい。

自分が「やりたい!」と思ったときの勉強って、楽しいです。(子供みたい。)

つまり、何が言いたいのよ?

自分の得意分野を考えることは大切。でも、専門ライターにこだわる必要はない。

また、1つのジャンルに固執するより、得意ジャンルをいくつか持っておく方が「潰しがきく」とも思います。

突然ですが、最近「ホリエモンチャンネル」にハマっています。

そこで「長期的な目標を立てるべきか?」という質問がありました。

ホリエモン「(質問者は)長期的な目標があれば、最短距離でそこに行けると思ってる。でも、長期的な目標が立てられないことを分からなきゃいけない。長期的な目標というのは、将来の予測をすること。そんなの変数が多すぎて、解を見つけるのはムリ。それができるなら、大儲けできてる」

たしかに!

行き当たりばったり。

良く言えば、「とにかく目の前のできることを見つけて集中することが大切」ってことなのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました