在宅ワークで稼ぐ専業主婦が個人事業主になった方がいい理由

在宅ワーク

2018年4月に始めた在宅ワーク。

6月に開業届けを提出し、個人事業主になりました。

 

専業主婦から「自営業」になりましたが、今まで通り夫の扶養に入ったままです。

 

ではなぜ私が開業届を出して個人事業主になったのか?

その理由開業に至った経緯個人事業主になるメリットやデメリットなどをご紹介したいと思います。

 

この記事はこんな方にオススメ!

  • 在宅ワークで個人事業主になるか迷っている方
  • 「専業主婦が個人事業主になったら税金や扶養はどうなるの?」と不安な方
  • 主婦が個人事業主になるメリット・デメリットを知りたい方

 

スポンサーリンク

主婦が在宅ワークで稼ぐ!絶対に開業届をださないとダメ?

「開業届」とは、「こんな事業をはじめました!」ということを税務署に申告するための書類。

開業届けを提出すると個人事業主=自営業ということになります。

 

では、私のような主婦が在宅ワークで稼いでいる場合、絶対に開業届を出さないといけないのか?

 

答えはNO!

開業届けを出さなくても罰則はありません。

 

「じゃあ別にこのまま開業届出さなくていいか〜」と思ったあなた!ちょっと待って!それだと損をするかもしれませんよ!

 

個人事業主にならなくても罰則はないし、別に問題はないんですね。
じゃあなぜわざわざ開業届を出して個人事業主になるのでしょうか?

 

在宅ワークで個人事業主になるメリット

主婦が開業届を出して個人事業主=自営業になるメリットは大きく分けて2つあります。

 

主婦が個人事業主になるメリット

  1. 青色申告ができる=支払う税金が抑えられる
  2. 子どもが保育園に入園しやすくなる

 

メリット1:主婦が個人事業主になると確定申告で有利に!

なぜみんな開業届を出して個人事業主になるのか?

 

その1番の理由は、開業届を出すと確定申告で有利になるからです。

 

専業主婦の場合、1年間の所得が38万円以上になると、在宅ワークでも確定申告が必要です。
※所得=収入から経費(書籍代や通信費、光熱費など)を引いた金額。)

 

このとき通常は「白色申告」という方法ですが、個人事業主になると「青色申告」ができるようになります!これが1番のメリットです。

 

毎月安定して3万円くらい所得があるなら確定申告や個人事業主について考えた方が良さそう!
じゃあ確定申告で青色申告ができるとなぜおトクなの?

 

青色申告特別控除が受けられる!

年間所得38万円を超えて確定申告をする場合、「白色申告」と「青色申告」のどちらかを選びます。

 

青色申告のメリット

  1. 青色申告特別控除(10万円 or 65万円)
  2. 赤字が繰り越せる(3年間)
  3. 親族への給与を経費にできる
  4. 30万円未満のものを一括でその年度の経費にできる(合計300万円まで)

 

この中で一番大きいのが、青色申告特別控除

白色申告と青色申告でこんなに税金の控除額が変わってくるんです。

 

所得税の非課税枠▼白色申告の場合・・・
基礎控除38万円まで非課税▼青色申告の場合・・・
基礎控除38万円+特別控除65万円=103万円まで非課税

 

せっかく苦労して稼いだお金、できるだけ手元に残したい!

年間38万円以上稼ぐなら、個人事業主になって青色申告をしましょう。

 

メリット2:主婦が個人事業主になると保活で有利に?

専業主婦で育児しながら在宅ワークをしている場合、「子どもを保育園に預けられたら良いのにな〜」と思うことありますよね。

 

在宅ワークの場合、地域によっては個人事業主になると子どもの保活で圧倒的に有利になります。

 

 

この資料は私の住んでいる地区の「保育園入園の基準表」です。

 

在宅ワークは「内職」なので優先度ランクはF→ほぼ待機児童決定です。

 

しかし、開業届けをだして個人事業主になると「居宅内での就労」として認められるので、優先度ランクはBまで上げられます!

 

夫婦で外で働いている家には負けますが、Fよりは保育園に入園させやすくなりますね。

 

地域によって基準は違うので、お住まいの地域の情報をぜひ確認してみてください。

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

【在宅ワークで保活】保育園入園できる?広島市の「指数」について聞いてきた

 

 

個人事業主にメリットが大きいことは分かった。でも、開業届を出すことでデメリットはないのか?気になりますよね。

 

在宅ワークで個人事業主になるデメリット

在宅ワークで個人事業主になるときに考えておきたいデメリットは2つ。

 

  1. 扶養問題
  2. 青色申告の手間

 

すべての人にあてはまるわけではありませんが、この2つについてクリアできるかは絶対にチェックしておいた方が良いと思います。

 

デメリット1:夫の扶養からはずれることがある

夫が会社員の場合、多くの専業主婦が夫の社会保険の扶養に入っているかと思います。

 

社会保険とは、会社員が加入できる健康保険・介護保険・厚生年金保険・雇用保険のこと。
扶養に入れる条件は、保険組合によって異なります!

 

組合によっては「個人事業主になっただけで扶養から外される」ということもあるらしいので注意です。

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ↓

在宅ワーク主婦が個人事業主になったら、夫の扶養から外れるのか?

 

我が家の場合、月に10万円くらいまでの所得なら問題なし。
扶養から外れると、自分で国保・国民年金に加入して保険料を支払わなければなりません。
開業届を出す前に扶養について必ず確認を!

 

デメリット2:青色申告は白色申告よりも難しい

青色申告で65万円の特別控除を受ける場合、「複式簿記」で帳簿をつける必要があります。
(白色申告なら「単式簿記」という簡単な帳簿付けで良い)

 

複式簿記って何?簿記の知識なんてないし、なんだか面倒くさそう・・・って感じですよね。でも、そんなに心配しなくて大丈夫!

 

手書きで複式簿記をつけるのは難しいのですが、会計ソフトを使えば白色でも青色でも手間は大して変わりません。

 

私は無料で使える会計ソフトを使っています。

 

お小遣い帳感覚で入金や出金の記録だけつけておけば、あとは自動で帳簿が作られるので、難しい知識は必要ないです。

 

青色申告に備えて会計ソフトを導入したい。無料で使えるのはどれ?

 

開業届を提出するタイミングは?

青色申告をしたい人は、確定申告をする年の3/15までに「青色申告承認申請書」を税務署に提出しましょう。

 

もしくは、事業開始から2ヶ月以内ならOKです。

 

 

所得が38万円を超えるかも?という人は、早めに「開業届+青色申告承認申請書」をセットで提出しておくのがおすすめです。

 

私は2018年4月に在宅ワークを始めて、6/15が開業日、6月末に開業届を提出しました。

 

 

開業届を5分で作成!無料の「開業freee」って?

開業して個人事業主になる手続きは無料。

 

2種類の書類を税務署に直接もっていくか、郵送で送るだけです。

 

開業に必要な書類

  1. 個人事業の開業・廃業等届出書(=開業届)
  2. 青色申告承認申請書(任意)

開業届は税務署でもらうか、国税庁のホームページでダウンロードして印刷もできます。

 

もっと簡単に書類を作成したいなら、開業freeeという無料サービスを使うのがオススメ!

 

『開業freee』ならネット上で「仕事の種類は?」「仕事をしている場所は?」などの質問に答えていくだけ。かかる時間は5分ほどです。

 

必要事項が記入された状態の開業届と青色申告承認申請書が自動でPDFで出力されるので、あとはコンビニや自宅のプリンターで印刷するだけです。

 

開業freee公式HP

 

詳しい使い方はこちらの記事をどうぞ。
私が実際に開業届を作成した手順や、税務署に提出したときのことを書きました。

開業freeeを使って開業届を作成!専業主婦が個人事業主になりました

 

「開業届を出して個人事業主になる」と考えるとなんだか勇気がいりましたが、出してみたら簡単で「こんなもんか〜。早く出しておけばよかった」という感じでした。

 

迷っているならサクッと提出して、個人事業主になるのがオススメです。

在宅ワーク
スポンサーリンク
Twitterでも仕事や育児のことなど毎日つぶやいています(@hina2018)
育てるくらし|育児と家事と在宅ワーク

コメント