クラウドワークスの仕事の管理術〜納期や報酬を分かりやすくする「お仕事管理表」〜

クラウドワークス

クラウドワークスの仕事の管理画面って少し分かりづらくないですか?

私は一目でパッと見て、

  • 案件の進捗状況や納期
  • 優先して進めるべき案件
  • 今月の確定報酬、予定報酬

などが分かると良いなと思い、スプレッドシートで仕事を管理しています。

スポンサーリンク

これが私のお仕事管理表!

これが実際の私の「お仕事管理表」です。

Googleスプレッドシートで作成してGoogleChromeのブックマークバーに入れていて、オンライン上でいつでもパッと確認できるようにしています。

1シート目「進捗表」パッと見て納期などが分かるように

2シート仕立てで、1シート目は「進捗表」です。

内容は、

  • クライアント名
  • 案件名
  • 出金額(手数料を引いた金額=支払い額×0.8)
  • 支払い額(クライアントが支払う金額)
  • 源泉徴収額
  • 報酬確定日
  • 振込完了日
  • 文字数
  • 記事単価
  • 文字単価(=記事単価÷文字数)
  • 記事数
  • 状態(発注待ち→作業中→修正待ち→納品済→終了)
  • 備考(納期や納品形式など)

1日の始めに画面をパッと確認して、「作業中」の表示で納期が迫っているものから作業を始めていきます。

あわせて読みたいお仕事内容や進捗状況は週ごとに公開しています。

2シート目「集計表」今月の報酬を常にチェック

2シート目は集計表です。

内容は各月ごとの

  • 報酬確定(=1シート目の出金額の合計)
  • 文字単価平均(=1シート目の文字単価の平均)

定期的にチェックして、「今月はもう少しお仕事がんばった方が良いな」「新しい案件に応募しようかな」と仕事量の計画を立てています。

継続のお仕事は早めに入力してしまって、予定額を常に把握するように。

あわせて読みたいまとめた報酬額は月ごとに公開しています。

お仕事管理表を作成して良かったこと

  1. ひと目で状況が分かる→仕事の予定が立てやすい
  2. 納期の管理がしやすい→納期遅れナシ
  3. お金の管理がしやすい→振込の漏れや遅れに気づける

認知特性によって管理方法が違うかも?

私は昔から図式化やリスト化すると記憶・把握がしやすい。

認知特性「言語抽象タイプ」のようです。

例えば、歴史を覚えるときなら先生の話を聞いただけ、教科書を読んだだけでは理解できず、必ず家系図や相関図などを書いていました。

家族でも「視覚タイプ」の母は見たものを見たまま写真のように記憶していましたし、「聴力タイプ」の実弟は何も書かずに話に集中するのが一番理解・記憶できるそう。

仕事の管理方法も認知のタイプによって、もしかすると異なるのかもしれません。

クラウドワークス
スポンサーリンク
Twitterでも仕事や育児のことなど毎日つぶやいています(@hina2018)
育てるくらし|育児と家事と在宅ワーク

コメント

  1. はるひな より:

    私もスプラッドシート作成してみようかな(^o^)v
    いつもメモ帳管理してるので(^o^;)

    • hina より:

      はるひなさんお久しぶりです♪
      カレンダーに書き込んだり、デスクトップにふせんみたいに貼れるスティッキーズっていうアプリ使ったり・・・色々やった結果、私にはこの形式が一番わかりやすかったです!
      いい感じのシートできたら私にもぜひ教えてください