【個人事業主への道】MFクラウドを導入して確定申告と保活の準備

この調子でいくと確定申告が必要になってきそうなので、試しにMFクラウドを導入してみました。

在宅ワークが本業の場合、年間の収入が38万円を超えるなら確定申告が必要となるそうです。

その他にも、子どもを保育園に入れたい→保活のために開業届を出して個人事業主になりたい→開業すると必ず確定申告が必要となる、という理由もあります。

個人事業主になるだけで収入にかかわらず夫の扶養から外れる場合などもあるので、よく調べてから進めたいと思います。

とにもかくにも、いつか確定申告が必要となるかもしれないし、収支を見直すのにも役に立ちそうだし・・・ということで「MFクラウド確定申告」という無料の会計ソフトを導入してみることにしました。

個人事業主向け会計ソフト選びの記事はこちら↓

【個人事業主への道】青色申告に備えて会計ソフトを導入

スポンサーリンク




MFクラウドの無料プランって?

MFクラウドは年間50件までの収支(仕訳)なら無料で使えます。

有名どころのクラウド会計ソフトを調べてみると、

  • MFクラウド
  • freee
  • やよい

などが出てきました。

この中で無料で使えるのはMFクラウドのみで、他のソフトは期間限定(30日など)で無料です。

仕訳とは、収入やかかった費用(家賃や光熱費、通信費など)を勘定項目ごとに1つ1つ振り分けていくことです。

年間50件で足りるのか?とは思いますが、もし足りなかったらそのときは月額1980円のプランに途中から加入すれば良いかなと思います。

MFクラウドを導入してまずやったこと

トップ画面はこのような感じ。とても視覚的でわかりやすいです。

登録はメールアドレスやパスワードを入力するだけで5分もかからず終わりました。

とりあえずクラウドワークスの振込口座の「楽天銀行」と連携させてデータを移したので、一目で「いついくら振り込みがあったのか」見ることができるようになりました。

銀行との連携も、銀行名を選んでIDやパスワードを入力するだけで自動的にデータを取り込んでくれるのでとても簡単でした。

データを取り込んだら、このような画面で仕訳していきます。

お小遣い帳みたいな感じですね。

これを続けていくと一発で確定申告ができるらしい。

他には、クレジットカードとも連携させて、サーバー代や書籍代といった経費もMFクラウドにつけておこうと思います。

とりあえず、10月に生まれる第二子の保活にむけてまた一歩進みました!

にほんブログ村テーマ SOHO、在宅勤務、在宅ワークへ
SOHO、在宅勤務、在宅ワーク

ランキング参加中

 

ランキング参加中です。

ポチッと応援お願いします^^

にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク