【個人事業主への道④】開業freeeを使って開業届を作成しました

個人事業主への道

開業届を提出して個人事業主として本格的に活動することにしました。

 

「開業届」とは、税務署に提出する書類のこと。

今回は「開業freee」という無料ツールを使うことで、10分程度で簡単に作成できました。

手順を追って説明していきたいと思います。

 

在宅ワークでの収入がそんなに大きくない主婦でも、個人事業主になるとさまざまなメリットがあります。

特に在宅ワークで保活をしたい場合、開業届の提出は必須!

スポンサーリンク

開業freeeでアカウントを作成する

開業freeeへアクセスしたら、「今すぐ開業を始める」をクリックしてアカウントを作成します。

Googleアカウントを持っている方なら「Googleアカウントでログイン」できるので、特に情報入力など必要ありません。

 

質問に答えて書類作成に必要な準備をする

仕事の概要を入力する

  • 仕事の種類:飲食業・宿泊業などから選択するか、自由入力
  • 仕事の概要:複数の選択肢から選ぶか、自由入力

私は「仕事の種類:フリーランス」「仕事の内容:ライター」を選択しました。

 

事業開始予定日を入力する

 

予定収入を入力する

月収○万円とざっくりとした予定収入を入力します。

これをもとに次ページで税額が表示され、提出書類を選びます。

 

仕事をする場所を入力する

  • 自宅で働く
  • お店を開いて働く
  • 事務所を開いて働く
  • その他/決まっていない

の4つから選択します。私はフリーライターなので「自宅で働く」を選択。

 

給与の支払い予定を入力する

給与を支払う場合は届け出が必要なため、従業員や家族に給与を支払う予定について

  • 今はない
  • 従業員(パート・アルバイト含む)に支払う
  • 家族に支払う
  • 家族と従業員(パート・アルバイト含む)に支払う

の4つから選択します。私は1人で働くので「今はない」を選択。

 

ここまで入力・保存したら「次へ」を押します。

 

屋号を入力する

「屋号」とは会社名のようなもので、入力は任意です。

屋号をつけておくことで口座や領収書の管理がしやすいなどのメリットがあるそうなのですが、なかなか良い名前が思いつかなかったため、今回は空欄に。

 

名前や住所などを入力する

  • 姓・名
  • 住所
  • 電話番号
  • 生年月日

をそれぞれ入力します。

 

収入の種類を入力する

  • 事業所得
  • 不動産所得
  • 山林所得

の3種類から選びます。複数選択も可。フリーライターの場合は「事業所得」でOK。

 

確定申告の種類を選ぶ

  • 青色申告65万円控除
  • 青色申告10万円控除
  • 白色申告

の3種類から選択。控除額の多い「青色申告65万円」を選びます。

青色申告は開業から2ヶ月以内に申請書を出さなければいけないので注意。

 

ここまで入力・保存したら「書類を提出する」をクリック!

 

開業届けに必要な書類を確認・印刷する

書類の提出先を確認する

住所を選択して、提出先の税務署を確認。

 

書類を印刷する

「書類を確認」をクリックすると、さきほど入力した情報から作成された開業届のPDFをダウンロードできるので、これを保存して印刷しましょう。

  • マイナンバーの記入
  • ハンコを押す(ふだん使っている認印でOK)

これで書類は完成!

 

作成した書類を税務署へ提出する

税務署の窓口へ直接提出する

  • 受付時間:8時30分~17時
  • 閉庁日:土日祝日

税務署へ行けるようなら直接提出した方が早く済みそうです。

 

税務署へ持って行くもの

  • 作成した書類の提出用・控え
  • マイナンバーを確認できるもの

 

郵送で提出する

郵送の場合、以下のものを封筒へいれて送り、受領されると控えが郵送されます。

 

郵送するもの

  • 作成した書類の提出用・控え
  • マイナンバーカードorマイナンバー通知のコピー(両面)
  • 顔写真入りの本人確認書類のコピー
  • 返信用封筒(宛名を書いて切手を貼る)

 

まとめ

開業freeeを使うと、10分程度で本当に簡単に開業届を作成することができました。

開業届を提出して個人事業主になろうと思っている方は、ぜひ無料の「開業freee」を使ってみてください。

私はさっそく明日、税務署の窓口へ行ってこようと思います!

 

個人事業主への道
スポンサーリンク
Twitterでも仕事や育児のことなど毎日つぶやいています(@hina2018)
育てるくらし|育児と家事と在宅ワーク

コメント