【初心者向け】ライティングでの記事の書き方

こんにちは、hinaです。

前回の記事では「クラウドワークスでライティングの仕事のやり方」について、クライアントとのやりとりを中心に解説しました。

【初心者向け】クラウドワークスでのライティングの仕事のやり方

今回は「実際にどんなふうに記事書いてるの?」という話です。

細かいテクニックや難しいことは言いません。初心者の方に、実際のイメージをもってもらうために書きますね。

スポンサーリンク




ステップ0:類似記事を読んでイメージづくり

今回は例としてこんな仕事を受けたとしましょう。

  • 記事のテーマ:「赤ちゃん 寝かしつけ」
  • 文字数:3000文字

まずはGoogleで「赤ちゃん 寝かしつけ」を検索してみて、いくつか記事を読んでみましょう。

上から数記事読んでいって、だいたいの記事のイメージができたら構成を考えます。

ステップ1:構成を考える

構成というのは記事の流れのことです。たとえばこんな感じ。

タイトル 赤ちゃんをスムーズに寝かしつけるコツ!寝かしつけ方法や環境づくり

見出し スムーズな寝かしつけのための環境づくり

中見出し 昼寝や活動時間を調整する

中見出し 寝室を整える

見出し オススメの寝かしつけ方法

中見出し 添い寝をする

中見出し 入眠儀式をつくる

中見出し 抱っこして歩きまわる

見出し 寝かしつけで注意すること

中見出し 同じ寝かしつけ方法をくりかえす

中見出し 泣いたときは少しようすをみよう

まとめ

タイトル→大見出し→中見出し→小見出しのように階層式にすると読みやすいです。左上の「段落スタイル」で「見出し」にフォントを割り当てていくと見やすく、左の「概要」に見出しが整理される。

ステップ2:文章を書く

それぞれの見出しに文章をつけていきましょう。「ツール→文字カウント」で文字数を確認できるので、3000文字めざして書いていきます。

ステップ3:文字装飾をつける

必要であれば文字を太くしたり色を変えたりします。文字装飾不要というクライアントもいるので、そのときはこのままで。

ステップ4:必要であれば画像を貼る

クライアントが「適当な画像を挿入してほしい」ということがあります。そのときは、フリーの画像を見つけてきて貼りましょう。ぱくたそphotoACというサイトなら無料で著作権フリーの画像がダウンロードできます。

ステップ5:完成!ファイルを出力する

誤字などのチェックをしたら、完成!あとは「ファイル→形式を指定してダウンロード→Microsoft Word(.docx)」でパソコンに保存して、納品しましょう!

思ったよりは簡単だったのでは?ライティングの基本は「構成づくり」だそうです。構成さえできれば内容は決まるので、文章を書くのはそんなに大変ではありません!ライティングのお仕事、ぜひチャレンジしてみてくださいね^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク