お金・確定申告

会計ソフトは「マネーフォワード」一択!ランサーズ・クラウドワークスと連携できるよ

こんにちは、おうちで働くママライター/ひなこです。

そろそろ確定申告の準備にソワソワしはじめる時期。ライター1年目の方は会計ソフトもどれを使うか迷いますよね。

会計ソフトの選択肢は「マネーフォワードfreee弥生」の3択が基本かと思いますが、私としては「マネーフォワード一択!」と強くおすすめしたいです。

その明確な理由をお伝えしたいと思います。(もうタイトルでバレてるね…)

ランサーズ・クラウドワークスと連携可能!

マネーフォワードをおすすめする理由は、ランサーズ・クラウドワークスと連携できるから!

以上でございます。(終わってしまった…)

これだけじゃいまいちピンとこないと思うので、こちらのスクショをご覧ください。

このようにランサーズ・クラウドワークスのアカウントを登録しておくと、自動で売上金や手数料などの情報を取り込んでくれるというわけです。

自動で金額や科目、案件名なんかも指定してくれるので、私がやることは「(一応)内容確認して、ポチ〜ッと登録ボタン押す」だけ!

以上、仕訳完了です。

freeeと弥生の連携先も調べてみた

もしかしてfreeeと弥生でも同じことができるんじゃ…?

と思ったので調べたのですが、ランサーズ・クラウドワークスとの連携には対応していないようでした。

もちろん銀行口座やクレジットカードとの連携はできます。

私はランサーズ・クラウドワークスの割合がけっこう大きいので、マネーフォワード一択だなと思いました。

一応、3社の料金プランも比べてみます

他の使い勝手は大差ないし、値段もほとんど変わりません。

せっかく選ぶなら、マネーフォワード一択だと思いませんか?もしそれでも迷う方は、とりあえず無料期間だけ使ってみて決めたらいいんじゃないかなと思います。

プランはこちらの>>1ヶ月無料のパーソナルプランでOKです。本日は以上です!

新しい記事が更新されたときにメールでお知らせします。