確定申告前の最終チェック!帳簿が合っているか確認する方法【期末処理】

フリーランスのお金のこと

今年ももう2月。確定申告の準備は早めに終わらせたいものです。昨年もやったはずの期末処理ですが、何をしたら良いかサッパリ忘れてしまい、また一から調べるはめになりました。来年の確定申告では、この記事を読めばスムーズに進むよう、1~2月頃にやるべきことをまとめておきます。

  • 個人事業主(ライター)
  • 会計ソフト:マネーフォワードクラウド会計
  • 主な収入源:ランサーズ・企業からの直接振込
  • 入出金の入力・領収書のまとめは毎月おこなっている状態

スポンサーリンク

預金残高と「現金出納帳」の金額を確認

「通帳の12/31時点の残高」と「現金出納帳の12/31時点の残高」が同額かどうか確認。登録口座すべてでおこないます。

今回は不一致だったため、楽天銀行の取引明細証明書(1/1~12/31日分)をネットで取得してどこでずれが生じたか確認。 1件の仕分け漏れが発覚しました。

~あわせてやっておくと良さそうなこと~

  • 各事業用口座の取引明細書をダウンロード(PDF・CVS形式)→印刷

※ネット銀行は数年分しかさかのぼれないため、毎年きちんと手元に保存しておく

源泉徴収額の確認

会計帳簿>補助元帳で「事業主貸>源泉徴収税」を検索。取引先からの支払調書(1月末頃送ってきた)・クラウドソーシングサイトのページの源泉徴収額と一致しているかチェック。

ランサーズは「源泉徴収一覧ページ」、 クラウドワークスは「報酬>出金済み報酬」 から確認できました。直接取引先は、1枚ずつ請求書を確認しました。

~あわせてやっておくと良さそうなこと~

  • 源泉徴収額はエクセルでリスト化して保存
  • 直接取引は確認が面倒なので、処理が楽なランサーズの取引を増やしたい

経費がきちんと処理されているか確認

毎月かかる経費がきちんと処理されているか、「会計帳簿>補助元帳」で確認しました。(下表の項目について確認)

勘定科目補助科目
水道光熱費電気料金
損害保険料火災保険料
通信費インターネット利用料
スマートフォン利用料
地代家賃

家事按分処理の確認

家賃・火災保険・電気料金・スマホ・ネットの家事按分処理をしました。按分比率はすでに決めてあるので、「決算・申告>家事按分」画面の「一括仕分登録」ボタンを押すだけです。

売掛金残高の確認

「会計帳簿>残高試算表」で売掛金の期末残高を確認します。極端に多い/少ない項目はないかチェック。

「あれなんか違うかも?」と思ったら、「会計帳簿>補助元帳」で借方・貸方・残高を確認します。今年は一部、「売掛金」「売上金」の記帳ミスで売掛金がきちんと消し込めていませんでした。間違いがあれば仕訳帳から修正します。

確定申告書の入力

確認が済んだら、いよいよ確定申告書の作成です。「決算・申告>確定申告書」から必要事項を入力します。

  • 基本事項:一通り入力
  • 収入・所得:源泉徴収税額の入力を忘れずに!
  • 所得から差し引かれる金額:小規模企業共済等掛金控除など入力
  • 税金の計算:今年は該当項目なし
  • 決算書入力(一般用):地代家賃の内訳(賃貸借契約書を見て入力)

ここまでできたら、いよいよ申告!

これで確定申告書・青色申告決算書は完成。ちなみに今年はぼちぼち進めながら、2月末に作業を終了しました。

意外と経費が多く、支払う税金は少なくて済みそう。よかった!

あとは、e-Taxで確定申告します。

フリーランスのお金のこと
スポンサーリンク
\フォローする/
育てるくらし|フリーランスママの仕事と家事と育児のこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました