【個人事業主への道】青色申告に備えて会計ソフトを導入

専業主婦が在宅ワークを始めて3ヶ月。

10月に生まれる第二子を保育園に入れるために、在宅ワークで開業届けを出して個人事業主になることにしました。(第一子は幼稚園に行っています。)

個人事業主になると年収に関わらず「確定申告」が必要に。

白色申告もできますが、個人事業主は青色申告による「青色申告特別控除」を受けられ、税金をお得に支払うことができます。

確定申告を簡単に行うために、会計ソフトを導入しました。

できるだけ安い会計ソフトを使いたい!と探していたら無料で使えるものがあったので紹介します。

【在宅ワーク】開業届を出して個人事業主になる理由

スポンサーリンク




会計ソフトの選び方

会計ソフトは「出費」や「収入」があったときに、その金額や使用用途を記録しておくと、自動で集計してくれます。

本来、このお金の動きを帳簿につけておくためには簿記の知識が必要です。

しかし、会計ソフトを使えば「おこづかい帳」感覚で記録しておくだけ。あとは、簡単に確定申告できるようにサポートしてくれます。

ポイント1:インストール型orクラウド型

会計ソフトには大きくわけると2種類あります。

<インストール型>

パッケージを購入してパソコンにインストールして使う。

追加利用料がかからないので出費は最初の一度だけ。

<クラウド型>

毎月の使用料を支払ってネット上で動作する。

パソコンだけでなくスマホやタブレットからも見られる。

パソコンがソフトで重くならない。

ポイント2:費用

個人事業主向けでは、最初の30日無料のものが多いです。

なかには条件付きでずっと無料で使えるものもあるので要チェック。

ポイント3:機能&サポート

  • 外部サービス連携(銀行やクレジットカードと連携させて自動でお金の動きを取り込んでくれるなど)
  • スマホアプリ機能(レシートを撮影して取り込めるなど)

など必要な機能面をチェックします。

メール・チャット・電話によるサポート体制も料金プランによって変わってくるものが多いです。

無料で使える会計ソフトのお得な使い方!

各社無料の料金プランを出しています。

まだ在宅ワークを始めたばかりで、今後どうするか分からないので、無料のものから始めることにしました。

MFクラウド確定申告

仕訳年間50件までなら永年無料で使える。

もし50件を超えたら、月額800円のベーシックプランに移行できる。

会計freee(個人向け)

1ヶ月までしか無料で使えない。

1ヶ月の無料お試し期間で気に入れば、翌月から月額980円払うシステム。

やよいの青色申告オンライン

1年間無料で使え、次年度から年額8640円かかる。

(白色申告ならずっと無料で使える。)

できるだけお得に使うには?

できるだけ無料でいきたい私は、まずMFクラウドに登録しました。

【個人事業主への道】MFクラウドを導入して確定申告と保活の準備

仕訳が年間50件を超えるようなら、やよいの1年無料プランに切り替えorインストール型で最も安い「ソリマチ青色申告」を購入する予定です。

POINT

「無料」にこだわるなら、まずMFクラウド確定申告

→年間仕訳数が50件を超えたら、やよいの1年間無料プランorソリマチ

ランキング参加中

 

ランキング参加中です。

ポチッと応援お願いします^^

にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク