【最低限の出産準備品リスト】ベビー用品の準備はじめました(妊娠28w)

出産準備

妊娠8ヶ月、10月の出産にむけて準備をはじめました。

育児雑誌や赤ちゃん用品店などの出産準備品リストは「本当にこれ必要なの?」ってものも多いもの。

第一子の産後を思い出して、不要・無駄は省いた『最低限の出産準備品リスト』を作りました。

スポンサーリンク

ベビー服

出産後にネットですぐ買い足せるので、用意するのは少なめに。

 

ベビー服はユニクロがコスパ最強!(私の独断と偏見)

第一子のときはユニクロ・西松屋・ネットなどでいろいろと購入しました。が、結局よく着せるのは「着せやすくガンガン洗濯してもへたれない」ユニクロばかりでした。

しかも、今回は4年前より新生児の肌着などが充実して(しかも紐結ばなくて良い!)、ネットでの評判も◎

 

ちなみに退院時のセレモニー服などは買いません。(第一子のときに見かけた赤ちゃんも、大多数が肌着+バスタオルかおくるみでくるんで退院でした。)

▼短肌着

ユニクロの短肌着2枚(税抜¥990)×1セット

サイズ:50-60

 

▼コンビ肌着

ユニクロのコンビ肌着2枚(税抜¥1500)×2セット

サイズ:50-60

 

▼カバーオール

ユニクロのフライスカバーオール(税抜¥990)×2着

サイズ:60

 

▼ツーウェイオール

コムサイズムのツーウェイオール1着。(第一子のおさがり)

 

▼くつした

ジェラートピケのふわふわソックス1足。めちゃくちゃ可愛い。(第一子のおさがり)

よく使うようならあとで買い足し。

 

▼小物類

よだれかけ・ミトンは新生児には不要。

帽子も生後1ヶ月以降しか使いませんが、第一子のおさがりのGAPの毛糸のくまさんがあるのでそれでOK!赤ちゃんのGAPのくま耳シリーズのかわいさよ・・・

 

▼おくるみ

エイデンアンドアネイのコットンおくるみ1枚。(第一子のおさがり)

ぴったりとくるめるので、泣き止まないときのおひなまきに重宝しました。

バラ売りで1枚買ってみて、洗い替えが必要ならあとから買い足すのがおすすめです。

▼ブランケット

ジェラートピケのふわふわブランケット1枚。(第一子のお下がり)

寒いときにかけたりくるんだり、寒い時期には役に立つ。肌触りがよくて暖かくて可愛いのでおすすめです。

おむつ関連

▼紙おむつ

新生児用2パック

第一子が巨大児で、即サイズアウトしたので少なめに。

産まれてから赤ちゃんの大きさ見て、夫に買ってきてもらうかも。

▼おしりふき

アカチャンホンポの定番品をダンボール1箱。

おしりふき入れのおすすめはこちら→【無印良品】新作ウェットティッシュケースをおしりふき入れに!大きさや使い心地、購入方法は

▼おむつ用ゴミ箱

授乳・ミルク関連

▼ミルク・ほ乳瓶

産院で使っているものを参考にしたいので、入院中に夫に頼みます。

ほ乳瓶の除菌は熱湯かけるかレンジで。

母乳パッドも第一子のときは全然使わなかったので、必要になったら買います。

 

▼授乳クッション

第一子のときは完全母乳だったので、かなり役に立ちました。

我が家は第一子のときのふつうの授乳クッションですが、もしこれから新しく買うなら『おやすみたまご』を膝に置いて授乳クッション代わりに使うと思います。

寝てしまったら赤ちゃんのせたまま下に置けるので絶対便利。

 

おふろ・衛生用品

▼ベビーバス

洗面所をきれいに洗って沐浴するので、不要。

▼ベビー石けん

家族が使っている牛乳石けんを赤ちゃんにも使います。

▼洗濯洗剤

 

我が家は全員分、ミヨシの液体石けん洗剤を使用。よって特に赤ちゃん用は購入しません。

 

関連記事:ズボラな私の石けん洗濯洗剤ライフ!おすすめ液体石けんとその使い方

 

▼バスタオル

沐浴のあとやおひなまき、肌寒いときにかける、吐き戻しやうんち漏れ対策で敷くなど、バスタオルが3~4枚あると便利です。

産院でも温度調節のために布団ではなくバスタオルを半分に折ったものをかけていました。

我が家は今治タオル。家にあるものでOKですが、肌触りが良いと◎

▼ガーゼ

ある程度の厚さがある、ループ付ガーゼハンカチのこちらをポチ。

沐浴やよだれ拭きなどに使って、後々ハンカチとして外出先や保育園に持って行けるように。

第一子のときは10枚入で500円とかのペラペラのガーゼを買ったけれど、ほとんど使いませんでした。

 

▼ベビーつめきり

必須。ピジョンのベビーつめきりハサミ、使いやすくておすすめです。

 

▼ベビーめんぼう

おへその消毒や便秘解消で使います。

 

大物・家具類

▼ベビーベッド・布団

大人の布団で添い寝するので不要。

 

▼チャイルドシート

必須。我が家はコンビのネルームです。第一子は新生児〜3才まで使いました。

 

▼だっこひも

産まれてから買っても良いかと。

我が家は第一子のときのエルゴ+新生児用インサート。

 

▼バウンサー・ヘビーラック

ベビービョルンのバウンサーが家にありますが、お友達から手動スイングのハイローチェアを貸してもらえる予定!

もし新しく準備するとしたら、バウンサーよりスイングするハイローチェアのレンタルかな。ゆらゆらさせて寝かせたい。

うちではバウンサーはあまり使わなかったけど、小さく畳めるのでしまう場所があまりないおうちには良いかもです。

 

▼ベビーカー

準備するのは産まれた後でもOK!

我が家はグレコのシティエース。生後1ヶ月から3才頃まで使えてお手頃価格、そして何よりスーパーの買い物カゴが積める!おすすめです。

▼無印良品orニトリのだめになるクッション

第一子のとき里帰り中の実家にあって良かった・・・かなり推したい!

授乳しやすかったし、赤ちゃんをだっこしながら自分が仮眠とるのにもとても良かったです。

我が家は置き場所がないので断念。部屋が広ければ絶対買います!

 

その他の準備

▼ウォーターサーバー

ミルクで使えるウォーターサーバーを出産までに設置します。

我が家は、9本無料&解約金なしのクリクラに決めました。

 

関連記事:【ミルクに使えるウォーターサーバー比較】コストが断トツ安いクリクラに決めた!

 

▼ファミサポの登録

第一子の送迎や預かりなど、市のファミリーサポートを利用します。

すでに登録~顔合わせまで終了。

妊娠中に顔合わせを済ませておけば、赤ちゃんもすぐに預けることができるそうです。

 

関連記事:ファミサポってどうやって使うの?広島市のファミサポに登録してきた

 

▼産後ケアの登録

里帰りしないので、市の産後ケア事業の家事手伝いを頼みます。

妊娠8ヶ月から登録できるので、そろそろ行かねば。

 

まとめ

出産までに新しく購入するもの

  • ベビー服
  • ガーゼ
  • おしりふき
  • ベビーめんぼう

 

出産〜入院中に夫に頼むもの

  • おむつ
  • ミルク・哺乳瓶

 

うん・・・少ない!

第一子のときにはあれこれ準備したものですが、意外と産後の買い足しで大丈夫!

「近くにドラッグストアなどのお店がない」「夫や家族に買い物が頼めない」とかでなければ、ネットもありますし、あまりあれこれ買わずに最低限の準備がおすすめです。

出産準備里帰りなし出産
スポンサーリンク
Twitterでも仕事や育児のことなど毎日つぶやいています(@hina2018)
育てるくらし|育児と家事と在宅ワーク

コメント